FC2ブログ




スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

*僕たちという話し方
 「僕と君は○○○○だ」という話し方よりも、「僕たちは○○○○だね」といった話し方の方が二人の仲は急接近していくようになる。女性というものは、男性が二人の関係を毎回一つの単位に当てはめて扱う話し方により、無意識または潜在的に心が自動的に開いて親密感をもつようになるのだ。

*嫌い嫌いも好きのうち
 女性が、ある特定の男性にだけ的を絞ってなじったりけなしたりするときというのは、その男性に何がしかの興味があったり、特別に気になっている可能性があり、二人の関係はただ事ならぬ間柄と思って観察してみる必要性がある。女性というのは、全く興味も何もない男性のことについては、道端に落ちている石ころのごとく好きでも嫌いでもなく何の感情ももっていないためであり、いわゆる「嫌い嫌いも好きのうち」というように嫌いであるという男性には好きになるという感情に変わる可能性を大きく含んでいるということである。

*弱味は無視して
 女性にとって触れてほしくない過去の過ちや弱点に関しては、一切その話題に触れないことに徹して話をする。本人の過去とか弱味がマイナスである場合には、必要以上に強いコンプレックスを保持しているため、その話題に関しては終始無視して話すことが優しさである。

*時には断定的な言い方を
 女性に対して、何らかの決定的な意思判断的な要求を呑み込ませようとする場合には、断定するような言い方であり決めつけてしまうような言い方をして説得した方が、より一層効果的な納得了承させやすくなりうる。女性というのは、自分に責任がかかることを逃れたいということが大前提として考えるため、みずから自分の行動に関して決断するようなことをどうしてもためらうためである。

*楽しみは少し先に
 女性に対して、「今度、何かおいしいものをごちそうするよ」とか「君がほしがっていた物をプレゼントしてあげるよ」とかなどの、女性にとって大変嬉しいと思える約束事をするときなどには、その約束の日程をすぐ実行するのではなく、「楽しみだわ、待ち遠しいわ」と思えるくらいのしばらく先の日程に設定して約束する。女性というのは、その楽しみにしていたことが実行されてしまうことよりも、むしろそれを楽しみにして待っている状態をワクワク・ドキドキしていることに喜びを強く抱くのである。

*しっかりとうなづく
 女性の話を聞くときには、しっかりと目を見てうなづいたり、あいづちを打ったりなどして、いっしょに考えている、真剣に聞いているという姿勢を表すことが必要である。女性とは自分の話を親身になって聞いてくれる相手には無条件に心を開いて信頼してくるのである。

*人の影口は禁句
 女性にとって、人の影口を一切言わない男性という存在には、自分の内面をさらけ出しても大丈夫といった安堵感を抱くようになる。自分の株を上げるためだけに、ほかの男性の悪口を言ってしまう男性については、女性はその男性のレベルの低さ、幼稚ささらには下心を見透かしてしまい、尊敬心と信頼感は決して抱かなくなる。

スポンサーサイト
女心の読み解き方〔その1〕

*もてる女性には別の女性を褒める
 男性からいつももてまくり、ちやほやされている女性に対しては、その女性のライバルとなるべく同じようなちやほやされる架空の女性を設定して、そっちの女性のことばかり話題にして、君には何の関心もないよというような素振りをすること。女性とは、男性から自分以外の女性の方により多く関心が集まり出すと、気が気でなくなり寂しさと虚しさと嫉妬心が芽生えてくるものである。

*何気ないことも記憶
 女性が言った何気ないことでも、頭の片隅に覚えておいて、ふとしたときにもらしてみる。そもそも男は細かいことをすぐ忘れるものだというふうに女性はとらえているので、自分に関するどうでもいいことを覚えていてくれる男性には、深い親近感と厚い信頼感を寄せるのである。

*自分を卑下するときは注意をひきたいとき
 女性が、「どうせ私なんて○○○なのよ」などと自分のことをみじめったらしく卑下した言動を取るときとい
うのは、実はその心の裏側には自分のよさとか長所などのいい面をなんとか理解してほしい、本当の私の姿を認めてほしいと願っているときなのである。女性というのは、自分自身を悪くいうことによって、その男性の関心をひいて、「そんなことはないよ、君にはこんなすばらしい面があるじゃないか」と慰めてもらいたくてそういった言動を取るのである。

*「君も好きだ」を繰り返す
 その気のない女性に対してでも、「実は君も僕のことが好きなんだよ」などと何度も繰り返し言い続けていると、最初はそんなことは全くないと思っていたとしても、女性は次第に「もしかして、私も好きなのかなあ?」と思うようになり、その言葉がいつかは本当の気持ちになってしまうようになりうる。女性は、男性からの強引で断定した決め付けた言い方には、次第に気持が揺れ動いていきどんどん暗示にかかっていくものである。

*何歳になっても少年の心を
 女性にとって男性というものは、何歳になったとしても少年のような心を失っていないところ、童心を失っていないところに母性本能をくすぐられてしまうため、もてる秘訣にはかかせない一面である。反面、女性にはそういった面はもちあわせていないため、自分には持ち合わせていないパーツであるので、かわいさと魅力をを感じてしまうのである。女性は、母性本能があるために、女性から見てどうでもいいことにでも一生懸命に集中して取り組む男性の姿に魅了されてしまうのである。

*しっかり女性は野望に弱い
 几帳面で経済観念があるしっかりした女性ほど、少々現実離れしていたとしても大きなロマンや野望を語る男性に憧れ、好意をもってしまう。女性というものは、理性的に考えてくだらないと思ったとしても、現実から大きくかけ離れた夢を熱く語る男性に心魅かれるものである。

*気まじめな女性には悪女扱いで
 あまり目立たずおとなしくて気まじめな女性に対しては、遊び人的なところ、プレイガーール的な面を見つけ出して、冗談っぽく軽く悪女扱いしながら会話した方が固いガードを開けやすい。女性にとって、悪女扱いされて喜ぶという心の底には、欲求不満を満たされたいという欲望が隠されているのだ。

女心の読み解き方〔その2〕

*答えがイエスの質問を
 女性に対して、どうしてもイエスと言わせたいような事柄がある場合には、その前段階にイエスとしか答えられないような質問を何度も繰り返して問答していくと、肝心な質問のときにも知らず知らずイエスと言ってしまう傾向にある。答がイエスとしか言えないような質問が何回も続くと、女性はいちいち平常心で確認するといった感覚が麻痺してきて、質問の内容を考えないで思わずイエスと言ってしまうことがある。

*サプライズ作戦を
 女性は、男性によって愛という想定外の強いサプライズや驚きを受けると、その男性に対して強い好奇心と関心を抱くようになりやすい。女性は、日常のマンネリ化した生活を打ち破るようなドラマ的な予想外の出来事に遭遇すると激しく動揺するものである。

*やり手女性には女らしさを褒める
 仕事がバリバリできて頭脳明晰ないわゆるキャリアウーマンといわれる女性に対しては、その仕事ができるという優秀さを褒めるよりも、女らしい点をピックアップして重点的にそこを褒めてあげる。やり手で仕事ができる頭脳明晰な女性ほど、女らしさについてはコンプレックスを持っていることが多々あるためである。

*断られ後にもう一度お願いを
 女性にお願いする場合、一旦「いや」とか「ダメ」などと断られたとしても、すぐにそれを聞き入れて引き下がるのではなくて、諦めずそのすぐ後にもう一回同じお願いをしてみることにより、「いいよ」と180度変わって受け入れてくれることがありうるのだ。女性というのは、どんなことでも断ってしまったその直後には、心の片隅で少々の動揺と後悔の念を抱いている場合があるからだ。

*もっと一緒にいたい時に帰る
 まだしっかりと打ち解けていない女性には、もうちょっといっしょにいたいなあと思う時が、その日のわかれ時である。早く会いたいという次回の期待感が増幅するとともに、女性というものは会う時間的な長さよりも、たとえ30分であっても会う回数によって相手に対する好意と信頼感を増していくものである。

*目先の利益をアピールする
 男性が女性にプロポーズする際、結婚と同時にいきなり両親と同居ではなく、「いつかは自分の両親と同居しなければならないけど」という話であれば、当面は別居で暮らしていけるといった事実があるために、女性はそれを受け入れるものである。将来大変なこととか苦労が待っていたとしても、目前にせまることが自分にとってプラスになるのであれば、女性はその選択を楽に決断することができるものである。

*明るい女性には反対のことを
 元気が良くていつも明るい女性に対して、「何か寂しそうで悲しそうな一面が見える」だとか、「今日はいつもより元気がないね」といった、本当の人柄とは逆のことを言われたりすると、そう言った男性に対して心を奪われる。女性は、いつもは人に隠している自分の裏の部分を指摘されるとすべてを見透かされたような気になり言った男性のことが気になりだす。

女心の読み解き方〔その3〕
*「不躾ですが」の前置きを
 心に壁を作り中々心の扉を開かないような、猜疑心と警戒心が非常に強い女性に対しては、話をする前の前置き文句として、「ぶしつけですが・・・」などと断りを入れて話を始めると、警戒心が少し薄れるとともに安心も出てその話の中身について、受け入れられやすくなるのだ。警戒心の強い女性というのは、相手の男性から強要性を認めたような前置きの発言があれば、その男性に律儀さと正直さを感じ取って信頼感を持つようになる。

*最善の説得法は返事のいらない質問を
 女性をいろいろな問題において説得し納得させる場合には、女性側が質問に対して回答を出さなくてもよいというような質問の仕方が、一番納得させられるうまい説得方法である。女性というのは、返事をしないで黙っていることにより、自分の責任を回避できる自分立場を守ることができるという安心感のある質問に対しては無意識に了承できるようになる。

*「みんなやってるよ」が説得ポイント
 女性を説得する場合には、「これはみんなやっていることだよ」と言って誘われれば、女性はそれをするのが当たり前と思い込み了承しやすい心理状態となってしまうのだ。女性というのは、みんなと同じ行動をとらない自分というのは、仲間外れ的な一匹狼的な激しい孤独感や不安感におちいるため、他人と同じ行動をとるようになる。

*人の結婚式の帰りが誘うチャンス
 友人や同僚の結婚式であるとか、出産のお祝いにかけつけたときなどの感動した帰り道というのは、女性を口説いて誘うには絶好のチャンスである。女性は、友人知人の結婚式や出産などでも、自分のことのように感動と興奮を覚え、男性からの誘いにOKしやすい。

*君にだけ話す
 女性に対して、「本当は誰にも言えない話で、こっそり君にだけに話すけど・・・」と生活や仕事上における恥ずかしいことや失敗談を打ち明けると、女性は急速に心を開いて強い親近感を抱くようになる。女性というものは、男性から人には見せられない恥ずかしさや弱味を見せつけられると母性本能を刺激することになり、急接近するものである。

*共犯意識が強い親密感を
 女性と二人だけのほんの小さな規律違反を犯したといった、人には話せない共通の隠密体験を持つことによって女心は急速に特別な人と感じるようになる。女性には、人には言えない二人だけの秘密という共犯意識を持たせることにより、その男性との強い連帯感や親密感を持つようになり、特別な間柄と思うようになるものだ。

*女だからと手加減しないところに魅力
 男性が女性に対して接する場合に、女だからといって容赦しないとか手加減しないとか手を抜かないという扱い方には、その男性に男の強さや正義感を勝手に見出してしまい、次第に魅力を感じ好意をもつようになっていくものである。女性とは、自分には太刀打ちできないような圧倒的な男性の強さを見せつけられてしまうと、自分がその男性に対等に扱われたと嬉しくなり喜びを感じるようになるのである。
女心の読み解き方〔その4〕
 | HOME | 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。